2008年 09月 06日

自然との境界線。

d0037421_2054159.jpg

午前中はある街での公民館写真講座で、受講生と共にデジカメを片手に歩いて来ました。

ヘビやアオサギが出て来る自然豊かな田んぼの畦道。人間が開発して住んでいる団地や市街地。その境界線は何時まで今のまま続くのか・・・自然と人間との共生が続くと良いですね。

午後は何時もの散歩道の河川敷へカワセミの写真を撮影に行きました。休日の釣り人や川遊びにやって来る人間の隙間をかいくぐって餌を獲りに来ていました。
[PR]

by photo-ohno | 2008-09-06 21:07 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://photoohno.exblog.jp/tb/8567745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by だっく at 2008-09-06 21:12 x
こんばんわぁ~
ロクヨンって、思った以上に難物ですよね。
画角があまりにも狭すぎて、絵作りがとても難しいですよね~。
翡翠ロクヨンデビュー、お疲れ様でしたm(__)m
Commented by falcokuma3 at 2008-09-06 21:16 x
お疲れ様でした。カワちゃんデビューおめでとう御座います。
すかさず撮られましたね。バックが単純で良いですね。
之からどんどんレンズ沼に填まって行きますから(Dさん、の様にね)
宜しくお願いします。(爆)
Commented by 尚さん at 2008-09-06 21:20 x
おめでとう 御座います。 カワセミに銜えられたドジョウがピクピク動いているようですね。 プロの絵作りに感心しました。
Commented by photo-ohno at 2008-09-06 21:34
だっくさん。お蔭様でロクヨンデビューがで来ました事を感謝します。体力・精神力を磨かないとこのレンズに操られてしまいそうです。
頑張りますので、宜しくお願い致します。
Commented by photo-ohno at 2008-09-06 21:37
falcokuma3さん。ロクヨンのボケ味はゴーヨンゴと違って綺麗ですね。帰って来てから今日も筋トレをしました。皆さんと同じような写真を撮れるようになるのは何時の事か・・・宜しくお願い致します。
Commented by photo-ohno at 2008-09-06 21:42
尚さん。皆様の和気あいあいでの場で撮影する事が出来て癒されました。いや〜カワセミ写真の面白さと奥深さを知りました。
これからも宜しくお願い致します。
Commented by at 2008-09-06 21:43 x
大野さん今晩は!
今日は出が悪いのでボウズかと思っていましたが僅かな時間で一発決めましたね!
やはりロクヨンには1DMKⅢがお似合いですよ・・・爆
底なし沼に填まるるのは時間の問題でしょうね。
Commented by photo-ohno at 2008-09-06 23:31
翼さん。ボデーについてはだっくさんの隣で撮影していて実感しておりました。頑張って働かなくては(笑)底なし沼って??私もだっくさんと同じになってしまうのでしょうか??


<< 上空      鮎をゲット >>