2008年 11月 24日

団塊の世代のワガママ・・・

d0037421_20133993.jpg
d0037421_20132725.jpg

今春、あまりにも見苦しく汚していて近所から撤去命令の出た川に、今年もまたまたカワセミ撮影軍団がやって来て、同じデコレーションを始めました。

先日撤去命令が出た経緯を話したところ、「年寄りの楽しみを取るとは何と言う事か・・・」「綺麗な川になってカワセミがやって来ると言うところを我々は善意で見せているんだ!」と憤慨されてしまいました。

もし?皆様の家の前に、早朝から多くの人たちがやって来て大砲のような望遠レンズを向けられたらどう思いますか?毎日毎日やって来てガヤガヤ・ワイワイ騒いで、その上ゴミまで棄てていったらどう思いますか?
撮影を見に来ているギャラリーの近くのマンションにお住まいの女性に言ったら「「私の家の前ではないから関係ないわ!」「何を言ってんのよ!年寄りの楽しみを・・・・」とまたまた憤慨されてしまいました。

一部の団塊の世代の呆れた行為としか思えないのですか?この社会の一部にこんな人たちが居たんだから、良い世の中になって行く訳ありませんよね。どうして相手の気持ちになれないのでしょうか?この人たちは相手の気持ちになって考えずに人生を送って来たのでしょうね。

良い子の皆さんだけには真似だけはしないようにと、お願いします。
[PR]

by photo-ohno | 2008-11-24 20:37 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://photoohno.exblog.jp/tb/8968823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by だっく at 2008-11-24 20:52 x
団塊の世代・・・確かに、日本を復興させ繁栄させた原動力となったかもしれません。一生懸命働いたことには、それなりに敬意を表します。
でもねぇ・・・・酷い側面もありますよね。
とにかく「わがまま」の一言に尽きると思います。他人の意見を受け入れない人が多いように思います。
まぁ、そうだからこそ、辛い時期を乗り越えてこられたのでしょうがね。
Commented by 尚さん at 2008-11-24 21:35 x
人は生まれながらに色に染まってゆきます。いろいろの色が有る様に、いろいろの人が形成されてゆきます。長い人生を歩む道のりの中で、残念ながら首を傾げたくなる人も見受けられます。それは人間の宿命なのだと思うのです。全てが真直ぐ、人格的にも素晴らしい人ばかりでしたら
警察なんて入らない。戦争も無いでしょう。人は皆 長所 短所の持ち主。長所を出来るだけ見つけ合い 切磋琢磨 してこそ 真のコミュニケーションが、個人の矯正が育まれる事と思うのですが。全てを一塊に評価されるのは、如何なものかと思います。私も団塊の世代の一人ですが?(説明不十分?)(笑う)
Commented by photo-ohno at 2008-11-24 21:37
日本の経済を成長されて来た団塊の世代の先輩諸氏の皆様には敬意を払う気持ちもあるのですが、子供たちの教育にしてもこの世の中を悪くした一面もあると思います。
Commented by photo-ohno at 2008-11-24 21:57
尚さん こんばんは。ごもっともだと思います。このブログを書く前に恩師に話をしたら、「団塊の世代を一緒くたにしないでくれるよなな文章にしなさい」と、言われました。
Commented by だっく at 2008-11-25 03:31 x
あれれ?尚さんも「団塊の世代」に属するんですかね?
尚さんより3~4歳年下の世代かと思っていましたよ~
確かに「一緒くた」はいけませんよね。でも世の中すべて、「一緒くた」で表現されちゃうんですよね。悪いのが一人いると、残りの9人の仲間も全員悪者扱いされちゃいますからね~(笑)


<< 鬼太郎の街「境港」      昨日と今日 >>