大野広幸写真の世界「夢・希望・明日」写真日記

photoohno.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 21日

キャノンFD600mmF4.5テスト

d0037421_2015557.jpg
d0037421_2016699.jpg
d0037421_20161699.jpg
d0037421_20162894.jpg

昨日、喫茶店コーヒーを飲みながら「キヤノンの600mmを持っているんだけど重くて使っていないから・・・」と言う話しがでて、早速お願いをして私の元へ来ることになりました。

1975年にモントリーオールオリンピックに合わせて発表された「キヤノンFD600mmF4.5」レンズ。当時、本体が¥445,000、ケースが¥50,000、フードが¥35,000もしました。当時普通の人には手の届かなかったレンズです。私はまだ高校生活を送っている頃でした。もちろん自分の手でピントを合わせるマニュアルフォーカスです。

・・・と言うことで、EOS5Dを着装して鷺のコロニーへテスト撮影に行ってきました。いつも使い慣れているオートフォーカスレンズと違って、全く使いこなすことが出来ない。昔、動きの速い写真を撮影されていたスポーツカメラマンや動物カメラマンの方々に脱帽する思いでシャッターを切ってきました。

鷺のコロニーでは「アオサギ」「ダイサギ」「ゴイサギ」のヒナたちが育っていました。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-21 20:30 | 写真日記


<< お客様たち。      中国から帰国。 >>