大野広幸写真の世界「夢・希望・明日」写真日記

photoohno.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:佐渡物語( 76 )


2016年 11月 15日

晩秋の佐渡島

d0037421_1336451.jpg
d0037421_13355520.jpg
d0037421_1335442.jpg

日曜日・月曜日の2日間晩秋の佐渡島へ行ってきました。
数日前には初雪も振り、紅葉も終わりを告げていました。
フェリーに車を乗船させると3万円近く掛かっていたのですが、秋割キャンペン中で2日の2等乗船券を合わせても往復で2万5000円で行って来られました。
2日間は快晴の天気で、40数年振りのスーパームーンを見ることなく帰途につきました。
帰りのフェリーは、新造船「ときわ丸」に乗ることが出来ました。
[PR]

by photo-ohno | 2016-11-15 13:39 | 佐渡物語
2016年 07月 16日

第22回全国棚田(千枚田)サミット

d0037421_1017161.jpg

7月14日(木)と15日(金)の2日間、全国棚田(千枚田)サミットが島外から500名の関係者を招いて佐渡島で開催されました。(島内200名)

「棚田には夢がある」〜棚田の価値を知り・活用士・継続するために〜をテーマに論議されました。
d0037421_101752.jpg

私がパネリストとして参加させていただい第2分科会は「棚田には命がある!」〜棚田が支える命と共生し活かせば、たくさんの夢が広がる〜
食の大切さ安全についてお話をさせていただきました。

全国各地の棚田では、高齢化で後継者がいなく荒廃が進んでしまうのが問題となっています。
美味しくて安全なお米の穫れる棚田米の将来について議論されました。

山口県より参加されていた農家の女性は「棚田の急斜面の草刈りが大変で「米つくりをやめたい!」と思っているのですが、「美味しかったよ!」「このお米と食べたら他のはは食べられないよ!」と言われると、頑張ってしまいます。と言う言葉が印象に残りました。
d0037421_10165420.jpg
d0037421_10164410.jpg

2日目は、棚田現地視察が4カ所で開かれました。
私は「バスで巡る佐渡の里山里海コースだったのですが、岩首棚田へ行ってきました。
地区の女性の皆様と小学校の子供たちのおもてなしと受けました。
d0037421_10162915.jpg

d0037421_10161841.jpg

最後に分科会のまとめとの発表と共同宣言文が読まれ、次回開催予定の長崎県波佐見町の皆様が紹介されて終わりました。
d0037421_1016571.jpg

岩首棚田を守る大石惣一郎さんお疲れ様でした。
[PR]

by photo-ohno | 2016-07-16 10:43 | 佐渡物語
2016年 07月 08日

新潟佐渡航路フェリー

d0037421_1820272.jpg
d0037421_18201796.jpg
d0037421_1820785.jpg

今から11年前に初めて佐渡島へいった時以来、2度目の自家用車を乗せ海を渡りました。
佐渡島へは100回を超えていて、2度目とは・・・やはり交通費が一番の問題でした。

岩首小学校へ撮影で通った一年は、池袋発の夜行バスに乗って、早朝の5時に新潟駅に着いて、
6時のフェリーに乗って、両津港へ8時半に着いて、レンタカーを借りました。1日撮影して午後7時半のフェリーに乗って、10時に新潟港着。11時30分新潟バスターミナルを出て、池袋駅に午前5時に着きました。

朱鷺の取材になって、夜行バスから自分の車で金曜日深夜の関越自動車道をひた走って、同じ朝のフェリーに乗り、日曜日の両津港発の最終フェリーに乗って、深夜1時に家に着いていました。

ここ数年は、行く回数が減ったのを理由にフェリーか朝一番のジェトフォイルに変わり、帰りも日曜日の午後のジェットフォイルに変わりました。

今回は、月曜日のお昼に埼玉県を出発して、新潟港16時のフェリーで佐渡島へ向かいました。水曜日のお昼のフェリーに乗りました。埼玉・新潟港往復600km、佐渡島内初日は300km、2日目は200km、合計で1100km走ってきました。さすがにフォルクスワーゲンポロだと疲れました。

来週の木曜日と金曜日の2日間、全国棚田(千枚田)サミットで、佐渡島へ2週続けていく予定です。
[PR]

by photo-ohno | 2016-07-08 18:37 | 佐渡物語
2016年 05月 17日

「荒海や佐渡に横たふ天の河」

d0037421_1801079.jpg

佐渡島から見た芭蕉の句『荒海や佐渡に横たふ天の河』を撮影に行ってきました。
午前1時に月が沈むと同時に雲が去って、見事な天の川を見ることができました。
[PR]

by photo-ohno | 2016-05-17 17:52 | 佐渡物語
2015年 04月 25日

佐渡島へ10年

d0037421_18152324.jpg

今から10年前の2005年4月25日、週刊朝日のグラビア「桜と木造校舎」の取材で初めて佐渡島に行きました。佐渡市立岩首小学校、児童十数名の樹齢80年の桜に囲まれた木造校舎の小学校でした。

翌年4月からの1年間の撮影をお願いして小学校を後にしました。両津港前の寿司屋さんに入ってテレビニュースで福知山線の列車事故を知りました。

その半年前には中越地震が起こりました。関越自動車道の復旧も終わっていなくて、スピードをあげて走ることが出来なっかたことを思い出します。中越地震が起こった日には山口県小月にいて、帰りの福岡空港で地震を知りました。

翌年から岩首小学校の取材が始まり、1年後の卒業式の翌日の朝、帰りに寄った富山県で能登沖地震に遭いました。車に乗っていて4輪のタイヤがグニャとなって、地震とは気づかずに津波警報が出ているいるとも知らず富山湾の砂浜を歩いていました。津波が起こっていたら私はこの世に居なかったです。

岩首小学校の廊下に朱鷺の写真が貼ってありました。取材が始まった5月の終わりに岩首棚田で子供達の田植えが行われました。昭和時代日本の朱鷺が野生に生息していた時には餌場となっていた田んぼでした。その日が朱鷺保護センターで100羽目の朱鷺の雛が生まれた日でもありました。

これも何かの縁ではないかとを感じて佐渡島通いが始まりました。佐渡島で朱鷺の関係者との出会いがあり、10年間で100回を超える佐渡島へとなりました。
[PR]

by photo-ohno | 2015-04-25 18:50 | 佐渡物語
2013年 08月 10日

天の川

d0037421_1885373.jpg
d0037421_189964.jpg

d0037421_2171264.jpg

夏の太平洋高気圧が張り出して来ると言う予報を聞いて、天の川を撮影に佐渡島へ行って来ました。

この絶好の機会を逃しては悔いが残る思いで、8月7日(木)新潟港19時30分発のフェリーに乗りました。

新潟港を出た頃は、白鳥座が天空に奇麗に輝いていましたが、佐渡島へ近くなるほどに遠くが霞んでしまいました。

佐渡島でお世話になっているご夫妻から、目的地にしている佐渡スカイライン白雲荘は晴れていて星が輝いていると連絡が入りました。

両津から白雲荘まで30分の道のりを車で走って、到着した頃には雲が出ていました。取りあえず準備をしていたら雲が切れて星が出て来ました。一昨年の撮影と比べたら空の状態は今ひとつでした。

今年の佐渡島の夏は、例年と比べて雨が多くて異常気象らしいです。来年またチャレンジしようと思っています。

1・2枚目(三脚固定撮影)
Nikon800E
AF-S 10.5mm
F3.2 20S
ISO6400

3枚目(ポータブル赤道儀TOAST撮影)
Nikon800E
AF-S 10.5mm
F3.2 144.8S
ISO1600
[PR]

by photo-ohno | 2013-08-10 18:46 | 佐渡物語
2013年 08月 04日

スカシユリ

d0037421_12332472.jpg
d0037421_1233958.jpg
d0037421_12324539.jpg

佐渡島のトキのもり公園売店で購入(12個入り1,200円)して来たスカシユリが咲き出しました。
[PR]

by photo-ohno | 2013-08-04 12:34 | 佐渡物語
2013年 06月 10日

日本海の夕陽

d0037421_2026309.jpg
d0037421_20261528.jpg
d0037421_2026343.jpg

2日間の佐渡島の撮影が終わり、17時00分発の小木港からのフェリーに乗りました。
出航時間には屋上甲板に出て、ウミネコの見送られながら佐渡島を後にしました。

2等客室で寝た後、夕陽が見られるのではないかと夢うつつで目が覚めると、西の
空には真っ赤に染まっていました。

美しい夕陽に感動して夢中でシャッターを切りました。
[PR]

by photo-ohno | 2013-06-10 20:33 | 佐渡物語
2012年 12月 31日

大晦日を迎えました。

d0037421_17393125.jpg

今年も残すところ5時間一寸、あっという間の一年でした。
公私ともに語り尽くせない一年でした。

例年恒例の年末に佐渡島へ行ってきました。
前回は新潟港で悪天候のため引返すことになったのですが、
日本海は穏やかで行って来ることが出来ました。

帰省客を乗せたフェリーが両津港に到着すると迎えの車で
大渋滞になっていました。

クリスマス寒波時の残雪が平地部に残っていたのですが、
雪ではなくて雨模様でした。
[PR]

by photo-ohno | 2012-12-31 17:41 | 佐渡物語
2012年 12月 08日

佐渡島へ渡れず・・・

ジェットフォイル・フェリー欠航
d0037421_1515317.jpg

瓢湖(新潟県阿賀野市)
d0037421_15049100.jpg
d0037421_1503449.jpg
d0037421_1502193.jpg

越辺川(埼玉県川島町)
d0037421_150812.jpg
d0037421_14594215.jpg
d0037421_14594268.jpg
d0037421_14591091.jpg

今年もトキの森公園のの特設郵便局が朱鷺記念切手の販売が終えて佐渡島での会席が行われました。

出席のため昨日朝3時半に家を出て、新潟港発7時50分のジェットフォイルに乗る予定で、6時半に新潟港佐渡汽船ターミナルに着きました。ロビーに着いたと同時に「7時50分発のジェットフォイルは悪天候のため運休となります」とのアナウンス。9時30分発のフェリーは8時に運行予定が決定されると言う事で、ワカメうどんを食べていると7時過ぎには運休のアナウンスがありました。

2日前に爆弾低気圧が通過したので、ここ数日は来ないかと思っていたら、急に日本海に低気圧が発生してこれから勢力が増して来るので、これからのフェリーとジェットフォイルは運休になりそうなので諦めて帰ることにしました。今までだと、朝一のフェリーに乗っているのですが、今回はジェットフォイルに乗ることにしたのが間違えで、朝一のフェリーは運航しました。

さて・・・ これから真っすぐ帰っても仕方ないし、雨の中何処へ行っても・・・思案したあげくてハクチョウが4000羽飛来している瓢湖に行くことにしました。

道中の田んぼには雪が全く無く、多くのハクチョウたちが餌を食べていました。瓢湖の近くに来ると10羽から30羽編隊のハクチョウたちが田んぼへ向かって上空を飛んでいました。

瓢湖に着いても、多くのハクチョウが風下へ泳いで行き、次から次へと飛び上がって行きました。埼玉では見られない壮観な姿には感動しました。

関越トンネルまでは雷と土砂降りの雨でしたが、国境の長いトンネルを越えると気持ちの良い晴れた天気でした。お昼には家に戻って、お昼寝をしてから、今シーズン初めて川島町の越辺川へハクチョウ撮影に出掛けました。

北風の中、幼鳥1羽を含む10羽が羽を休めていました。少し前には30羽ほど居たらしいのですが、千葉へ飛んで行ってしまったのか? 近くの田んぼに餌を食べに行っているのか? 暗くなるまで帰りを待っていたのですが1羽も戻って来ませんでした。
[PR]

by photo-ohno | 2012-12-08 20:05 | 佐渡物語