カテゴリ:入間川の詩( 144 )


2007年 12月 31日

今年最後の写真。

d0037421_21105315.jpg

2007年(平成19年)今年最後の日、「大晦日」の夕暮れの写真です。
[PR]

by photo-ohno | 2007-12-31 21:13 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 30日

晦日

d0037421_19172970.jpg

今年も「晦日」を迎えてしまいました。あと28時間で2007年が終えようとしています。皆様にとってこの1年は如何でしたか?私のこの1年を一文字で表すと「苦」の文字につきそうです。本当に苦しみましたね(笑)今日も苦しんでいますが・・・ ま〜来年は前を向いて生きる事にします。

昨日、来年の撮影に向けて新しいカメラがやって来ました。1ヶ月半日本国内(海外のオークションまで)探しに探してやっと手にしました。思いは通じる物ですね。昨夜、嬉しくて嬉しくて、車のトランクからカメラを出して、今朝起きて外を見るとトランクは開けっ放し、窓も開いていて、その上雨が降っていました。興奮してすっかり忘れていたのでした。

2007年晦日は雹も降るし、午後は晴れて来て気持ちが良かったです。来年は今日のように暗雲から晴間が差して、晴天になる事を願っています。
[PR]

by photo-ohno | 2007-12-30 19:12 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(2)
2007年 12月 09日

早起きはと夕方の・・・

d0037421_1958139.jpg
d0037421_1958151.jpg
d0037421_19582712.jpg
夜半までの雨に変わり、気持ちの良い晴天になりました。
 早起きをして郊外の里山に行って来ました。太陽が揚がる前の時間は、霧が立ちこめて地面の草花には霜と雨粒が凍っていて幻想的な世界をかもし出していました。久しぶりにネイチャー写真を撮ろうと思って出かけたのですが、ファインダーで覗いているより、日溜まりでボーッとしている方が気持ち良かったです。
d0037421_20201393.jpg
夕方になって何時もの散歩コースへ・・・カワセミ写真撮影部隊を横目にみながら河原へ降りて行くとちょうど奥武蔵(埼玉)の山に日が沈む時間、思わず「アッ!綺麗!」寒さを忘れてシャッターを押しました。
カワセミ写真撮影部隊の皆さんの、朝暗い中から夕方暮れるまでズ〜と撮影している粘りの姿に脱帽もするのですが、振返って見るとこんなに綺〜麗な風景がある事を見て欲しいなと思いました。それと、カワセミが自然の枝に止まっているいる(いつも同じ枝に止まる習性がある)所を撮った方が感動であり自然なのに、あえて池を作って魚を放して不自然な枯れ枝を差して虚偽な写真を撮影して何が面白いのか?誰がこんなブームを作ったのか・・・
[PR]

by photo-ohno | 2007-12-09 20:37 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(3)
2007年 10月 11日

秋晴れ☀

d0037421_20575711.jpg
d0037421_20581477.jpg
この季節そこかしこからが金木犀香りが広がってきます。
 金木犀の香りが漂って来ると、この季節の定番はやっぱり「運動会」。子どもの頃、お昼休みに家族と一緒に食べたお弁当や栗などの想い出が広がってきます。

 最近の運動会は、上級生と新入生の親睦を図るために春に行われたり、学校の行事を早く終わらせて学業に専念させるために、夏休みが終わった後すぐに行われたりしている。
[PR]

by photo-ohno | 2007-10-11 21:41 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(2)