<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 30日

水温む季節?

d0037421_20421286.jpg
 新聞ニュースでは、「暖冬の続く秋田県の県庁中庭で、早くもサクラが咲き・・・」と伝えていた。
 一年で一番寒い季節を迎えているはずなのに、「水温む季節」なんて、変なタイトルを付けるくらい暖かいのである。
 例年であれば写真の高麗川(埼玉県飯能市)は、岸辺から1mくらいは凍り付いているはずなのに、反射している水面は春の日ざしであった。
 
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-30 20:58 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 27日

動物写真

d0037421_028411.jpg
 お昼休みに近くの公園に行くと、池の廻りに大砲のようなレンズを付けた三脚が並んでいました。
 私はコンパクトデジタルカメラを1台持って、撮影している人に話しかけてみたのですが、誰一人も相手にしてくれませんでした(泣)。
 撮影のお相手は1匹のカワセミ君。その近くには可愛い水鳥や、白鷺がいるのに誰も眼もくれないのです。よ〜く観察をしていると仕草が可愛いのにね。
 近くの駐車場では、野良猫ちゃん一家12匹が日向ぼっこを楽しんでいました。長閑なお昼休みでした。
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-27 00:40 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 20日

暖冬日本

d0037421_233248.jpg
 新潟港を出発したフェリーは、2時間後に佐渡島の姫崎灯台を通りすぎる。両津港に着く前に、「佐渡おけさ」のかたちをした『おけさ灯台』に迎えられる。そこで、「佐渡にやって来たな〜」と言う気持ちにさせてくれるのです。
 今年2度目の佐渡島に行って来ました。今回も昨夜の11時半の夜行バスに乗って、早朝の5時に新潟駅到着。朝1番、6時発のフェーリーに乗って、目が覚めると「おけさ灯台」が迎えてくれる。
この睡眠で、佐渡の夢世界に変わるのである。
 北側の大佐渡の山々には雪があったが、お正月同様、平地には雪がなかった。今日も晴間が見られ、日本海特有の天気とはほど遠く、東京近郊の気温と同じに感じられた。
 この時期「寒ブリ」が最盛期であるが、寒ブリが揚がらず気温が高い時期に揚がる魚が穫れているとの事でした。
  新潟市内もまったく雪がなく、小千谷辺りから積雪があり、関越トンネルの手前の湯沢辺りでも、20cm位しか積っていなかった。昨年の大雪とは違い、暖冬の新春である。
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-20 23:57 | 佐渡物語 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 19日

春の予感

d0037421_228728.jpg
 北風が強い一日でしたが、日ざしは春の予感を感じてきました。心がウキウキ気分になり、カメラを持って出掛けたくなりました。
 梅林で有名な埼玉県・越生町に行って「鉄チャン」をやってきました。JR八高線(高麗川ー高崎間)は1両編成で一時間に一本のでローカル線(ディーゼル車)。のんびり気分を味わってきました。
 ふと・・・見上げると紅梅が一輪咲いていました。
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-19 21:02 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 15日

小正月

d0037421_20495564.jpg
 この時期、庭の片隅に餌場を作ってみると、スズメや山を下りて来たメジロやシジュウカラ達などがやって来る。
 しかし、彼らたちがやってくるとともに必ずヒヨドリがやって来て追い散らしてしまう。そんな光景をぼんやり眺めていると、日射しが明らかに春に向かっていると感じます。
 ことしもあっという間に半月が過ぎ、数年前までは「成人の日」であった。いよいよお正月気分も抜ける時期であったが、お正月を迎えたのが、遠〜い過去になってしまったように感じます。
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-15 21:04 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 09日

子の権現

d0037421_20254961.jpg 昨日の撮影後、飯能市の山の中にある、911年(延期 11年)に創建された子の権現(天龍寺)に行ってきました。昨年の暮れから何となく行ってみたくなっていたのです。
 子供の頃(小学生)、毎年元日の朝に初日の出と初詣をかねて、家から2時間の夜道を歩いて来たものでした。
 子の権現は足腰の神様で、標高600mにあり、山門前にある大きな2本の杉の木が迎えてくれる。(今は1本は枯れてしまって根本しか残っていない)そして、境内に入ると高くそびえる藁葺き屋根の本堂は見事で、奉納されている大きなワラジや下駄には圧倒される。
d0037421_2026326.jpg 当時は初詣をすませると、杉の木の近くにある茶店によって、甘酒を飲んでお蕎麦を食べて帰ったものでした。
 3軒あった茶店も今は2軒になり、シーズンオフは1軒しか開いていないとのことでした。
 売店の屋根の煙突から立ちのぼる煙を見た時に、当時の自分を思い出してしまいました。あれから何年の歳月がながれた事か・・・

 子の権現にはもう一つの思い出がありました。高校1年生の頃、明けの明星に輝く彗星(ウエスト彗星)を撮りたくて、真っ暗い山道を懐中電灯一つで登り、赤く染まった関東平野(東京都心)の上空に、オレンジ色の尾ののびた彗星を見た感動を、今でも忘れる事は出来ません。
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-09 21:21 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 08日

成人式

d0037421_1936990.jpg
 朝は冷え込んだが、穏やかな「成人の日」を迎えました。
 私たちの年代では「成人の日」はいまだに1月15日の思いがあります。

 今日は、双子さんの成人の日を記念する写真を撮影させていただきました。
 お二人を初めて撮影させていただいたのは、今から十数年前の「七・五・三」の記念写真でした。
 彼女達は高校時代までは同じ高校に通い、同じクラブに入っていました。その後、夢を追って違う進路を選び、今春、保育士とホテル勤務の道に進んで行きます。
 
 今日の成人の日に、将来を夢見る輝く瞳と、暖かく見守る家族の姿を見る事が出来ました。
 
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-08 20:01 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 06日

佐渡島のお正月

d0037421_20211760.jpg
  1月3日・4日の2日間、佐渡島に行ってきました。日本海の荒波を覚悟して出掛けたのですが、地元の人が「こんな穏やかなお正月はない」と言うぐらい、雪もなく雲間から日射しもさしていました。
 3日の夜は月布施地区の「裸どうし」祭りに参加させていただきました。フンドシ一丁姿の男性が厄年の人を頭の上に持ち上げ、お堂の中を走り回る不思議なお祭りでした。
d0037421_2022637.jpg
 4日の朝から初漁と言う事で早起きをして、「鮃」「鮟鱇」の水揚げ風景を撮影しました。日の昇る前の時間におばあちゃん達が元気よく働いていました。※「ヒラメ」「アンコウ」
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-06 20:38 | 佐渡物語 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 01日

2007年 新春

d0037421_1783481.jpg
 新年あけましておめでとうございます。
 
2007年が始まりました。今年は『亥年』です。
私の生まれたのも亥年でした。

「亥年生れ」の「血液B型」の性格で今年も頑張りますので、
よろしくお願いいたします。
[PR]

by photo-ohno | 2007-01-01 17:26 | 写真日記 | Trackback | Comments(1)