<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 30日

10月

d0037421_2074856.jpg
d0037421_208552.jpg
6月から始まった写真展「ナース物語」自衛隊中央病院高等看護学院が、先週の金曜日、札幌のキヤノンギャラリーをもって無事終了しました。銀座・大阪・仙台・福岡・札幌と多くの皆様に見ていただきました事を、感謝を申し上げます。
 先々週の週末から、観閲式関係の撮影で朝霞訓練場へ行っていました。本物の大砲を使用したチャイコフスキー「大序曲1812年」は圧巻で、大砲の横で聞く機会に恵まれました。

写真上(F2戦闘機)
写真下(F15戦闘機)
[PR]

by photo-ohno | 2007-10-30 20:23 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 23日

十三夜

d0037421_19301530.jpg
めっきり朝夕が涼しくなりました。
 今日は旧暦の9月13日、「十三夜」の月が輝いています。「十五夜」と違って、空気が澄んでいる分美しく感じます。
 今から3年前の平成16年10月23日は、新潟県中越地震が起きた日でした。ちょうど山口県へ行って、福岡空港で地震の事を知りました。羽田空港からも飛行機の到着が遅れ、家にも連絡が取れずに空港でニュース画面を見ていた事を思い出します。
 あれから3年、今年の3月は富山で能登半島地震にあったり、一昨年の4月は両津港前の食堂で電車の脱線事故のニュースを見た事がありました。 
[PR]

by photo-ohno | 2007-10-23 20:02 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 17日

今日の夕日

d0037421_2015246.jpg
西の空を見上げると気持ちの良い夕焼け空でした。1枚では表現出来なかったので、北たから南の空に向かって3カット撮影して繋ぎあわせてみました。
[PR]

by photo-ohno | 2007-10-17 20:18 | 写真日記 | Trackback | Comments(2)
2007年 10月 11日

秋晴れ☀

d0037421_20575711.jpg
d0037421_20581477.jpg
この季節そこかしこからが金木犀香りが広がってきます。
 金木犀の香りが漂って来ると、この季節の定番はやっぱり「運動会」。子どもの頃、お昼休みに家族と一緒に食べたお弁当や栗などの想い出が広がってきます。

 最近の運動会は、上級生と新入生の親睦を図るために春に行われたり、学校の行事を早く終わらせて学業に専念させるために、夏休みが終わった後すぐに行われたりしている。
[PR]

by photo-ohno | 2007-10-11 21:41 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(2)
2007年 10月 08日

17時20分

d0037421_21222640.jpg

    10月5日(金曜日)17時20分佐渡市両津湾
       6日(土曜日)17時20分川越市郊外
       8日(月曜日)17時20分入間市市内
                    で、夕日を見ました。
      
            7日(日曜日)17時20分秩父市郊外は
                    曇って見えませんでした。
[PR]

by photo-ohno | 2007-10-08 21:30 | 写真日記 | Trackback | Comments(4)
2007年 10月 06日

旅愁の季節

d0037421_2001691.jpg
 9月15日以来の佐渡島へ・・・行って来ました。今回は日帰り旅でした。
  天気予報では夕方から晴れてくると言う事でしたが、朝6時00分新潟港発のカーフェリーに乗った頃は曇っていたのですが、両津湾に入る頃には青空の隙間から日が差して来ました。
  今回は今年2月からお世話になっている棚田での稲刈でした。大佐渡と小佐渡の間にある国中平野では既に終わっているのですが、気温や水温が低い山の谷間にある棚田では今が稲刈の季節になっています。紅葉にはまだまだ早いのですが、アケビや山芋の実がなり、秋の気配を感じる一日になりました。
d0037421_20311735.jpg
5時ちょうどに山を降り、両津に着いた頃に陽が沈むところでした。このままフェリーターミナルに戻るのもと思い、両津湾で眺める海岸に出て一人夕日を眺めていたら、「秋の日は、つるべ落としと・・・」などと口ずさみ、旅愁の寂しさを感じてしまいました。
[PR]

by photo-ohno | 2007-10-06 20:36 | 佐渡物語 | Trackback | Comments(2)