<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 27日

FRIDAY「7月11日号」発売

d0037421_10345092.jpg
d0037421_1035369.jpg
d0037421_10351360.jpg

本日発売のFRADAY(7月11日号)にて、日本初公開!中国・陝西省に残された「絶滅危惧種」の楽園 トキの〝野生ビナ〟「生命の躍動と人間との共生」を見開き2ページ掲載しています。

5月21日から28日までの中国訪問は「中国トキ視察・交流」(企画・NPO法人 トキの島)事業の一員で、全行程、中国陝西省人民政府林業庁野生動植物保護協会にお世話になり、トキの巣営場所・ねぐら等での観察、トキ保護センターや地元小学校の視察・交流をして参りました。

日本のトキは、昭和56年1月に佐渡島に残った最後の5羽を捕獲して人工繁殖に試みました。(平成15年10月10日最後の一羽のキンが死亡)日本の佐渡島しか生存していなと思われていたトキが、その数ヶ月後に今回お世話になった陝西省洋県で7羽発見され、環境整備や手厚い保護で1000羽まで復帰しました。(野生では約500羽)

平成11年、今回お世話になった陝西省からつがいの2羽が日本に送られ、順調に繁殖が成功して現在110羽を越えました。今秋、佐渡に試験放鳥されます。再び佐渡の空をトキが舞う姿が頭に浮かんでき今から楽しみです。(中国では数年前から放鳥が行われて、昨年放鳥されたペアから3羽のヒナが生まれました)
[PR]

by photo-ohno | 2008-06-27 23:59 | 写真日記 | Trackback | Comments(8)
2008年 06月 17日

連続幼女誘拐事件

d0037421_2116736.jpg

今から20年前の1988年8月22日を覚えているだろうか?

私の住んでいる埼玉県入間市で、4歳の女児が誘拐・殺害された日である。その事件は、その年の10月3日、入間市の隣の飯能市で7歳の小学1年生の女児が誘拐・殺害された。その年の終わり12月9日川越市の4歳の女児が誘拐・殺害されて、私の生まれ育った村の山中に捨てられた。翌年も続き、1989年6月6日東京都江東区の5歳の女児が誘拐・殺害され、私が以前勤めていた会社の近くの霊園に捨てられた。いわゆる「連続幼女誘拐事件」である。

その連続幼女誘拐事件の犯人「宮崎勉」死刑者が、今日死刑執行された。

なんでこんなに詳しく覚えているかと言うと、私もこの事件の重要参考人だったからである。当時、私は「双子」の撮影を初めていた頃だった。狭山市の公立保育園の所長さんから双子の園児を紹介していただいた。両親は県立高校の教員をしていて、所長さんから渡った私の名刺は「犯人の名刺」と言う事で狭山警察署に廻っていた。

家と会社へ2回づつ刑事が取り調べに訪れ、狭山警察署へ当日のアリバイを持っていた事を鮮明に覚えている。月曜日が犯行日になり、月曜日が休日な職業を持っている人が犯人扱いされたり、目撃した車と同車種や同色の車に乗っている人だったり、近県の警察や機動隊、マスコミが入り乱れて戦々恐々とした事を覚えている。

あれから20年の歳月が流れた。早いものである。関係した私にしてみると「死刑執行」をと言う出来事が、他人事ではなく何となく心が重く感じられた日になった。
[PR]

by photo-ohno | 2008-06-17 21:51 | 出来事 | Trackback | Comments(6)
2008年 06月 12日

太陽と月

d0037421_22144678.jpg
d0037421_22145658.jpg

早朝から午前中に掛けて風雨が強かったのですが、午後から日差しが差して来て夕陽が沈む時間になってから、カメラを片手にいつもの河川敷に散歩に出かけました。水嵩が少し揚がって川は濁っていたのですが、本流に流れ込む場所ではゴイサギが一生懸命魚取りをしていました。
[PR]

by photo-ohno | 2008-06-12 22:21 | 入間川の詩 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 10日

中国紀行報告

d0037421_1538100.jpg
d0037421_1532057.jpg
d0037421_1533164.jpg

中国から帰国して早くも半月が過ぎようとしている。歳月の早さと住んでいる環境の違いで、遠〜い過去の世界になってしまいそうです。

先月の5月12日に起きた「四川大地震」の9日後に、四川省の北隣にある陜西省に8日間行って来ました。新潟空港から約3時間で上海空港へ。国内線に乗り換え時間があったので、市内までリニア体験(時速431km)をしてから西安空港へ・・・

西安市内では道端に各露天が並び夜遅くまで多くの人たちで賑わっていた。行ったメンバーでその国に行ったならば同じ事を挑戦しようと言う事になり、夜ホテル前に出ていた露天で揚げ串と水餃子を食べ、庶民の中国食を初めての食を味わいました。

中国へ行って感じた事はともかく全てが広くて大きい、一つの看板をみても日本の数十倍もあり高速道路が縦横無尽に走っている。上海や西安の都会ではビル群が立ち並び、欧州車や日本車が走り廻っている。少し離れた農村に行くと、今でも牛が労働力の中心で糞尿が肥やしに使われていて、日本の現代と昭和30年代が混在していると言う感じでした。

今回の地震は、西安がある陜西省でも被害があり、耐震でないレンガを積んで建てた建物で暮している中国の人たちは、余震が怖くてテント生活をしていました。私も2晩テントに泊まって来ました。四川省に続く高速道路は「災害派遣・中国は一つ・・・」の赤い垂れ幕を付けた救援物資を運ぶトラックだけが走っていました。
[PR]

by photo-ohno | 2008-06-10 22:20 | 写真日記 | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 07日

滞在時間!?

d0037421_1128305.jpg
d0037421_1145468.jpg
d0037421_11284446.jpg

昨日は3ヶ月振りに佐渡島へ行って来ました。雪が覆っていた山々は新緑が濃くなり、田植が終わった田圃の映していました。トビシマカンゾウが咲いて、佐渡島は一年で一番良い季節を迎えました。

朝東京駅発8時過ぎに新幹線に乗って、新潟港からはジェットフォイル。12時10分両津港到着。17時30分両津港発のジェットフォイルで新潟港へ・・・正味5時間20分の佐渡島滞在でした。
[PR]

by photo-ohno | 2008-06-07 11:46 | 佐渡物語 | Trackback | Comments(4)