大野広幸写真の世界「夢・希望・明日」写真日記

photoohno.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 28日

朱鷺(中国)

d0037421_21305275.jpg
d0037421_21303719.jpg
d0037421_2131418.jpg
d0037421_21311868.jpg
d0037421_2131322.jpg
d0037421_21314558.jpg
d0037421_21324736.jpg
d0037421_21315829.jpg


中国へ朱鷺の撮影に行って来た時の写真セレクト作業がやっと終わって、飛びものを中心に掲載します。

今回の中国は、5月13日から5日間、NPO法人「トキの島」主催、「中国トキ視察・交流2009春」に参加させていただきました。昨年より約1週間早くの出発でした。

成田空港から上海空港を経由して西安空港へ・・・ホテルに着いたのは夜の11時過ぎでしたが、早速ホテル前の屋台へ直行。昨年同様、お腹に中国の料理を入れないと「中国・西安に着いた・・・」と、言う気持ちになれないのです。

昨年は晴れ続きでしたが、今回は初日から雨・雨・雨・☀・雨の天気。「何のために一生懸命仕事をして旅費を稼いで来たの言うのに」と言う思いでした。でも・・・その天気の悪さが写真の出来の良さに繋がりました。朱鷺に出会えた時には神様に感謝をしながらシャッターを押しました。

着いた翌日の朝、朱鷺の担当者とドライバーさんがホテルに迎えに来てくれて「いざ!朱鷺の故郷へ出発。朱鷺の生息している陝西省洋県までは高速道路で約300km。3時間の行程である。昨年までの高速道路が開通するまでは標高3000mの秦嶺(しんれい)山脈越えは大変な道のりだったらしい。

昨年の春、人間が育てた朱鷺(一昨年放鳥)から3羽のヒナが生まれて(1羽はヘビにのまれてしまった)そのヒナの雄が1歳年上のメスとペアになって、早くも子育てをしていることが驚きでした。(通常2歳になって繁殖行為が始まると言われている)

3日目に行った場所では、1本の木に6個の巣があったのはまたまた驚きでした。佐渡では、今春ペアリングして新たなるヒナは生まれず、オスの認識番号06番が1羽で巣つくりをしていると言う何とけなげな行為がみられているそうです。

都会では高層ビルが建ち並び、高速道路が網の目のように走っています。一歩郊外へ出て農村では、牛が耕作をして牛豚の糞尿が肥やしになっています。朱鷺のいる村では、朱鷺を特別視すること無く、日常のありふれた風景の中に生活しています。

1981年(昭和56年)春。今回伺った場所の奥の村で7羽の朱鷺が発見され、野性下で約550羽、飼育下で約600羽まで増えました。これから中国の発展開発とともに、朱鷺の保護のあり方も変わって行くだろうと言う思いを持ちました。


朝4時半。ねぐらから餌場へ飛んで行く、つがいの朱鷺。
d0037421_187164.jpg

餌場から約500mに流れる川に3羽の朱鷺が餌を食べていた。
d0037421_1871373.jpg

田んぼでは、アマサギとコサギと一緒に行動をともにしている。
d0037421_1872625.jpg

峠越えの小さな畑に朱鷺がいた。認識票のリングをしていない。
d0037421_1873965.jpg

交尾中です。この木には6個の巣がありました。
d0037421_188554.jpg

一昨年放鳥したペアから3羽のヒナが産まれた(1羽がヘビに呑まれる)そのヒナが1年経って親になった。
d0037421_1875179.jpg


巣立ち前の羽ばたき訓練中。もう1羽は巣立っていた。
d0037421_18205043.jpg

[PR]

by photo-ohno | 2009-05-28 22:21 | 朱鷺
2009年 05月 26日

キジバトのドリーちゃん

d0037421_21184593.jpg

朝雨戸を開けるとキジバトのドリーちゃんとカラスのカー子君が待っている。ドリーちゃんもカー子君も朝ご飯を貰えるのを待っているのだ。たぶん夜が空ける4時過ぎからいるのかもしれない。

ドリーちゃんは足下まで来るが、カー子君は用心深くて5メートル以内には来ない。カラスの習性は面白くて餌を口の中に一杯に入れてから、近くの畑の作物の影に隠してから戻って来ての繰り返しをする。

夕方仕事から戻って来るとやはりこの2匹が待っている。待っていると言うより一日中いるのかもしれない。しかし可愛いものだと思う053.gif

先日成田空港に戻って来た際、バスターミナルで高速バスを待ってる時に、足下まで餌を貰いにやって来たのは1羽のスズメ君。東京ディズニーランドのスズメ君は手から餌を貰っている。海外の鳥たちや東京のスズメ君には人間たちを恐れないDNAを持っているのだろうか?我家にやって来るスズメたちは私を見た瞬間近くの木に飛んで行ってしまいます。

シベリアからやって来たハクチョウたちも人間たちを恐れなかった。シラサギ君たちは場所によってだいぶ違う。私の住んでいる入間川のシラサギ君たちは人間たちから10数メートルで餌を獲っているが、数キロの先の高麗川のシラサギ君たちは100メートルくらい離れていても人間を見ると飛んで行ってしまいます。佐渡島のシラサギ君たちも人間はダメみたいです(泣)

白鳥飛来地の川島町の越辺川にいたダイサギのダイちゃんも、人間たち我関せずで餌取りをしていました。白鳥飛来地の下流にシラサギのコロニーがあると言う事で探しに行ってみたのですが、今年はありません。もし・・・シラサギのコロニーが何処にあるのか? 知っている方は教えて下さい。お願い致します。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-26 21:43 | 写真日記
2009年 05月 25日

RAW画像処理 (1187枚)

d0037421_1950189.jpg

今回の中国での撮影は、CanonEOS-1DMarkⅢとCanonEOS-5DMarkⅡを持って行きました(友人からの借り物)ROW撮影でそれぞれ708カットと470カット=1187カット撮影してきました。画像が少々劣るが、動体を確実にピントを合わせて撮影するか? 動体でのピントの確率が少々悪いが、ピントのあった画像の美しさで選ぶか? 迷うところの撮影であった。

アナログカメラ時代は、カメラの強度や連写の違いこそあれ、同じレンズを使っていれば同じ写真が撮れました。デジタルカメラになってお金=カメラになってしまいました。悲しい時代になってしまいました。

帰国してから一週間。セレクト作業は終盤を迎えています。白鳥写真のように撮影に行けば直ぐに撮れる写真と違って、朱鷺は1日で会えるチャンスも少なくて、その中で撮影出来る機会をいただけるのは、神様のご加護だと思ってシャッターを切っています。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-25 20:38 | 写真日記
2009年 05月 25日

JPS(日本写真家協会)展

d0037421_180134.jpg
d0037421_1802665.jpg

アゲハ蝶の幼虫のことも「いも虫」と言うのでしょうか? 

昨日は、恵比寿(東京)にある東京都写真美術館で23日から開催されているJPS(日本写真家協会)展に行って来ました。(6月7日まで)

佐渡でいつもお世話になっている渡辺治氏がJPS展に入選して上京すると言う事で、表彰式後の祝賀会に初めて参加してきました。入選者は中高年の女性が多くて、作品同様パワーを感じるものでした。

一般コンテストでは富士フィルムの「フジコン」と同様に難関で、私も若い頃挑戦をしましたが予選通過もしませんでした。

会員作品は一昨年が「家族」、昨年が「食」、今年が「住」で、私の作品「ペットルーム」も展示されています。以前大型8×10カメラ(フイルムサイズ 20.3cm×25.4cm)のカメラを使って「日本の夫婦」を撮影していた作品の一枚です。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-25 18:14 | 写真日記
2009年 05月 23日

お客様たち。

d0037421_18251622.jpg

毎日庭にやって来るキジバトのドリーちゃんです。私の手から餌を食べます。他にカラス君、スズメちゃんたちもやって来ます。本当に可愛いです072.gif
d0037421_18252928.jpg

毎年この季節になると、柑橘系の木にアゲハチョウが卵を産みます。脱皮して綺麗な蝶になるのをみてみたいのですが、サナギ時に何処かへ行ってしまいます。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-23 18:31 | 写真日記
2009年 05月 21日

キャノンFD600mmF4.5テスト

d0037421_2015557.jpg
d0037421_2016699.jpg
d0037421_20161699.jpg
d0037421_20162894.jpg

昨日、喫茶店コーヒーを飲みながら「キヤノンの600mmを持っているんだけど重くて使っていないから・・・」と言う話しがでて、早速お願いをして私の元へ来ることになりました。

1975年にモントリーオールオリンピックに合わせて発表された「キヤノンFD600mmF4.5」レンズ。当時、本体が¥445,000、ケースが¥50,000、フードが¥35,000もしました。当時普通の人には手の届かなかったレンズです。私はまだ高校生活を送っている頃でした。もちろん自分の手でピントを合わせるマニュアルフォーカスです。

・・・と言うことで、EOS5Dを着装して鷺のコロニーへテスト撮影に行ってきました。いつも使い慣れているオートフォーカスレンズと違って、全く使いこなすことが出来ない。昔、動きの速い写真を撮影されていたスポーツカメラマンや動物カメラマンの方々に脱帽する思いでシャッターを切ってきました。

鷺のコロニーでは「アオサギ」「ダイサギ」「ゴイサギ」のヒナたちが育っていました。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-21 20:30 | 写真日記
2009年 05月 18日

中国から帰国。

d0037421_21512838.jpg
d0037421_21514027.jpg
d0037421_21515127.jpg

昨日の夜、無事に中国から帰国しました。新型インフルエンザで世界中が大騒ぎしているときの出国で、成田空港や上海空港でもインフルエンザ検査は厳しく、関係者や乗客の多くはマスクをしていました。

昨年の春は天気続きで、毎日が30℃を越えていてとても暑かったのですが、前半は雨が降り続いていてとても寒くて「もし?風邪をひいてしまって熱や咳が出て新型インフルエンザと間違えられたらたらどうしよう・・・」と不安の毎日でした。

成田空港から上海空港を経由して西安のホテルに夜11時に到着。早速ホテル前の屋台へ直行。香辛料が利いた麺と揚げ物、点心を食べて中国に来た気分を味わいました。

それから毎日毎日美味しい中華料理を食べて48度の白酒(パイチュウ)を呑んでの旅でした。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-18 22:06 | 出来事
2009年 05月 12日

明日から中国へ・・・

d0037421_2130676.jpg

明日から5日間(日曜日)の予定で、中国・陜西省洋県へ朱鷺の雛に会いに行って来ます。

昨年は「四川大地震」の9日後から出掛けたのですが、今年は新型インフルエンザの影響で成田空港に無事に戻って来られるかが問題です。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-12 21:34 | 朱鷺
2009年 05月 07日

写真集「きょう あした ふたり」出版

d0037421_17391358.jpg
d0037421_2130257.gif

私の双子さんの写真を素材にして、100年後のメッセージプロジェクトが主催した「未来の出版人コンテスト」(最優秀賞・京都市長賞/横越英実)にて制作された写真集が出版されました。

最初に双子を撮ってから10年後に再び同じ場所で成長した二人を撮影。風景の変化や母の成長も表現され、37組の10年と言う時間軸を捉えた写真です。

是非とも写真集をご高覧して戴けましらら嬉しいです。FAXから申込をお願い致します。http://www1.odn.ne.jp/photo-ohno/index2/shasinshu05.html
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-07 21:09 | 出来事
2009年 05月 06日

雨散歩

d0037421_10132057.jpg

ゴールデンウィークの最終日は少し早起きをして、河川敷を1時間半の朝散歩を楽しんで来ました。

出掛け時は霧雨状態だったのですが、次第に雨脚が強くなって来てずぶ濡れになってしまいました。
足下に咲く花たちに水滴が美しくて、一緒になって濡れているのも気持ちが良かったです。
[PR]

by photo-ohno | 2009-05-06 10:24 | 入間川の詩