大野広幸写真の世界「夢・希望・明日」写真日記

photoohno.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

大晦日

d0037421_19194963.jpg

NHKの紅白歌合戦も始まり今年も残すところ4時間と少しになりました。

今年一年皆様にとって如何でしたでしょうか。

私自身あっという間に過ぎ去った一年でした。

来年もブログのタイトルの通り、夢と希望を持って明日に向かって頑張ります。

よろしくお願い致します。
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-31 19:24 | 入間川の詩
2013年 12月 26日

クリスマス・ハプニング

d0037421_9453579.jpg
d0037421_9451383.jpg
d0037421_945221.jpg

今年も飯能市の五十嵐酒造の限定販売の『Dobu』を予約しました。
数日以内に呑まなくていはいけないと言う事で、お正月を待たずに
クリスマスを祝って呑むことにしました。

「吹き出し注意」と言うラベルとともに、キャップの開け方について
の注意書きがあります。

冷蔵庫から静かに取り出して、注意書き通りにキャップゆっくり開けたら
中から吹き出してしまい、これは困ったと思ってキャップを外した瞬間に
天井まで吹いてしまいました。アッと言う間の光景でした。

ビデオカメラで撮影していたら、「・・・ビデオ大賞」輝いた事かと思うくらい
の光景ででした。部屋中に飛び散ってしまい、瓶の中には少ししか残りませんでした。

悲しくて・・・可笑しくて・・・一年分と思えるほど笑って、
我が家に「福の神」がやって来ました。
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-26 09:58 | 写真日記
2013年 12月 22日

冬至

d0037421_19493131.jpg

今日は冬至です。皆様かぼちゃを食べてユズ湯に入りました。

月齢19.1の月が昇る前にオウシ座やオリオン座が昇って来ました。
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-22 19:51 | 写真日記
2013年 12月 21日

あっという間に・・・

d0037421_20325794.jpg
d0037421_20324568.jpg
d0037421_20323397.jpg
d0037421_20321817.jpg

昨日の夕方まで降り続いた雨から急に晴れたので冷え込みが厳しい朝でした。
奥武蔵の山々は雪化粧をして朝日を受けて美しく輝いていました。
水たまりは凍って畑は霜柱が高く成長していました。
明日は冬至です。
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-21 20:38 | 写真日記
2013年 12月 15日

諏訪湖のオオハクチョウ

d0037421_2144041.jpg
d0037421_2142935.jpg
d0037421_2141694.jpg
d0037421_214360.jpg
d0037421_2134862.jpg

土曜日と今日は佐渡島へ行く予定にしていましたが、急遽取りやめになりました。

昨日、家の用事を済まして、朝から川越にある伊佐沼へヘラサギの撮影に行こうか?
年賀状の宛名を書こうか?と迷ったあげく、ヘラサギは皆が撮影している処へ行っても
皆と同じ写真を撮っても意味が無いと言う理由で止めて、年賀状を書こうかと思ったのですが、
あまりにも天気も良いので、気分転換兼ねて諏訪湖まで中央高速を車を走らせる事にしました。

日本海からの低気圧の影響で、風が強くて最高気温は3℃、風花も舞っていました。

いつものトンカツ店に寄って、半分食べたところであまりにもの量の多さでお持ち帰りでした。
キットウココさんの社長さんの勧めで一羽オウム(オオバタン)を連れて帰りそうになったのですがじっと我慢しました。

帰りに諏訪湖に一羽のオオハクチョウの幼鳥が迷って来ているとの情報で撮影しました。
他のコハクチョウと一緒に来ているのかと思っていたのですが、一羽きりでした。

諏訪湖S.Aから見た夕陽に映し出された霧ヶ峰と月のコラボレーションは心に焼き付く美しさでした。
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-15 21:16 | 写真日記
2013年 12月 08日

サギの群れの下での出来事

d0037421_10455239.jpg
d0037421_10454271.jpg
d0037421_10452876.jpg

日曜日の夕方、サギの群れが大群で飛んでいるのを見かけたのですが、
何か様子がおかしいのです。

対岸で釣りをしている人間がいて、魚を釣っているのではなくて、敵対心ある
サギを釣っていたのです。

糸が絡まってもがいているサギを助けに対岸へ行くと、既にサギは居なかったのですが
「我々釣りをする人間にとって、サギや鵜は外敵で釣り糸に絡まるのは当然だと・・・」
主張する30歳代男性。車の中で注意も出来ない彼女・・・「鳥を撮影しているカメラマン
の主張はおかしい・・・」と・・・

私は川に釣りに来ている人たちのマナーの悪さにどうかと思います。
祖父は入間川の鮎釣りの名人と言われた人で、釣り糸なのどのしっかりした処分の方法を
子どもの頃から目にして来ました。

川を散歩しているといたるとこで釣り糸が放置されています。我々人間も魚や鳥たちと一緒の
生命の一員だと思っています。川で釣りなど遊ぶとしたら魚や鳥達も生命の一員ではないのでしょうか?

魚や鳥達は生きるためのに川に居ます。釣り人の大半は遊びで川を利用しています。利用していると言うより利用させていただいていると言う方が正しいと思うのです。

釣り糸によって生命を失って行く鳥達たちを釣り人はどう思っているのでしょうか?

我々人間は産まれた時に真っ白い心を持っています。成長するに従って、今回出会った男性は
成長過程でこのような曲がった醜い心になってしまったのでしょうか?親や学校で生命の大切さを
教わって来なかったのでしょうか?それより性格が優位でこのような人間になってしまったのでしょうか?
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-08 20:44 | 入間川の詩
2013年 12月 06日

暁の飛行機雲

d0037421_14491926.jpg

夕方の散歩時に西へ向かう飛行機雲を見るのですが、東の空が暁に染まった中から照らし出された飛行機雲は美しかったです。
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-06 07:47 | 写真日記
2013年 12月 03日

富士山と北口本宮富士浅間神社

d0037421_17145211.jpg
d0037421_17144236.jpg
d0037421_17143011.jpg
d0037421_17141948.jpg

富士山が積雪を抱いて雄大で優美な姿を見せていました。

富士山の一合目から振り返るこれはまた雄大で優美な南アルプスを見る事が出来ました。

北口本宮富士浅間神社の社殿も雄大で優美な姿でした。
[PR]

by photo-ohno | 2013-12-03 20:13 | 写真日記