大野広幸写真の世界「夢・希望・明日」写真日記

photoohno.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 02日

佐渡帰り

d0037421_21552329.jpg
(両津港を出港して新潟港に向かうジェットフォイル)
d0037421_21553699.jpg
(新潟駅に停車中の2階建て新幹線E4系「Maxとき」と200系「とき」)

 7月の終わりから8月の旧暦のお盆休みが終わるまで、佐渡は多くの人で一年中で一番賑わう季節である。名物の「イカの一夜干し」も今が旬を迎えている。
 今回の撮影帰りが日曜日の午後と言う事もあって、両津港に着いてフェリー乗り場は多くの人でゴッタがえしていました。今までの経験では30分前の改札時には数十人の人が並んだだけでしたが、今回は数十メートルの長い列になっていました。
 フェリーに乗船した時には、既に2等客席の座る場所(いつもは寝る場所)も無くなって探すのに懸命。たまたま腰を掛けるだけのスペースが空いていて座ろうとした所、壁際の女性(20代前半)が、私に一人分の横になるスペースを空けてくれました。撮影で疲れていた私にとって仏様であり女神様でした。
 後で(少し寝てから)お礼とともにお話を伺ったところ、私が撮影している地域の出身で、私がお世話になっている方々とも知り合いが多く、出会いって改めて不思議なものだと思いました。
 新潟からの帰りはいつもであれば、高速バスを利用するのですが、満席で席が取れず、初めての新幹線(上越)で帰って来ました。高校時代から「鉄ちゃん」の私は、新型2階建て新幹線「E4系」に乗りたかったのですが、満席でしかたなく200系「とき」に乗りました。上毛高原駅であこがれの「とき」に抜かれました。
[PR]

by photo-ohno | 2006-08-02 23:27 | 佐渡物語


<< 午後のひととき      夏佐渡物語 >>